• 応募対象
    1. 暮らしを支えている土木の役割・意義・魅力について行われた土木広報全般。
    2. 2017年4月1日(土)~2019年7月1日(月)に行われた(発表された)土木広報を対象とします。
  • 応募資格

    1. 『応募対象1および2』に該当する土木広報を行っている団体とします。前回応募された団体も、受賞の有無にかかわらず応募可能です。ただし、前回受賞された団体は同じ活動内容での応募は不可とします。
      ※ここでいう団体とは、民間企業、官公庁、教育機関、業界団体、学術団体を指します。
    2. イベント部門については、その活動の主体であれば主催、共催は問いません。ただし協賛・後援は対象外とします。
  • 応募部門

    1. 【イベント部門】
      市民向けイベント(見学会・まちあるき・講演会・ 展示会・観光)等
    2. 【映像・Webメディア部門】
      記録・PR映像、CM・TV番組の制作・上映・Webサイトによるコンテンツ発信、メールマガジンの発信、SNSの活用 等
    3. 【アイテム部門】
      広報誌、カード、ステッカーなどの広報アイテム、またこれらを活用した広報活動 等
    4. 【教育・教材部門】
      模型、本、カードゲーム、映像、アプリ等による土木教材やこれらを活用した授業、(出前)講座 等
    5. 【商業広告部門】
      イベントPRポスター、テレビ、新聞、雑誌で放映・掲載された企業広告、発信力のあるテレビ番組への協賛 等(電子媒体を除く)
    6. 【企画部門】
      上記部門に当てはまらないような広報活動全般(上記の複合活動、コンテスト、舞台、漫画、ラジオ番組等)

     

  • 応募期間
    2019年5月15日(水)~2019年7月1日(月)
  • 応募方法

    1. 下記「応募用紙」をダウンロードしてください。
    2. 応募用紙(最大3枚まで)に応募者情報(団体名、代表者・担当者の氏名、電話番号、アドレスなど)を記入してください。
    3. 応募用紙には、必ずエントリー部門を選択(複数選択可)してください。
    4. その他、応募用紙に記載されている【記入上の留意事項】をよく読んで作成してください。
    5. 応募用紙は、1件ずつ事務局宛に電子メールにて、Wordデータのまま提出願います。
    6. 電子メール送信にあたっての件名は、「土木広報大賞2019応募」と前置きしてから、応募する団体名を明記願います。(例)件名:「土木広報大賞2019応募」(団体名)
    7. 活動事例に使用された広報素材等は付属資料として提出可能です。書籍やポスターなどは実物 を、動画や写真はデータを保存したDVD等を、応募用紙を同封のうえ、郵送して下さい。その場合の費用は応募団体でご負担下さい。なお、提出いただいた付属資料は返却いたしません。
    8. 受付は土木広報大賞事務局(お問い合わせ先、応募書類の提出先)で行います。
    9. 応募数に制限はありません。但し、土木学会支部からの応募件数は最大3件までとします。

     

  • 応募上の注意

    • 応募にかかる費用は、全て応募者の負担とします。今回、表彰式出席にかかる旅費も自己負担とします。
    • 受賞作品は、土木学会が制作する出版物、展示会、WEBサイト等で、応募用紙とともに「土木広報大賞2019受賞作品」として使用させて頂きますので、あらかじめご了承ください。
    • 応募にあたり、特許の取得や意匠登録など、知的財産権は応募者に帰属します。また応募に必要な要素(映像、新聞・雑誌記事やイベント実施時の写真など)すべての権利者に事前の同意を得た上で、かつ第三者が権利を有するものを使用する場合は、応募者の責任であらかじめ必要な措置を講じてください。
    • 個人情報保護の関係上、応募書類に記載された内容は、「土木広報大賞2019」に関連する目的以外で用いることはありません。
    • その他、ご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。