準優秀部門賞[映像・メディア部門]

UNDER RIVER

大豊建設株式会社
[東京都]

応募用紙

■UNDER RIVER Webサイト
https://www.daiho.co.jp/underriver/index.html

UNDER RIVER STORY – 東京地下30メートルに現れる幻の川 –

【選考委員コメント】

大豊建設の「アンダーリバー」は、大雨の日にだけ現れる幻の川のコンセプトと物語が神秘的で、ウエブサイトや技術の説明が洗練されていて、かっこいいと絶賛されました。

     選考委員長 田中 里沙(事業構想大学院大学 学長)

【その他のコメント】

  • 大雨の日だけに現れる幻の川を神秘的かつエモーショナルに描きながら、防災や災害時の対応に貢献する企業、業界の力を見せ、新たな気づきを与えることになった。

  • ウェブサイトのインターフェイスだけではなく使用されている写真やデータの見せ方など凝っているところすべてが「幻の川」アンダーリバーという物語を伝えるとともに、防災への理解も深める試みだと思います。

  • 豪富による災害が多発しており、コンセプトが明確。・デジタルマーケティングの大切さを重視しており、検証の参考になる。

  • 地下雨水貯留施設が必要になった背景と、それをつくる技術をここまで魅力的に表現できることに驚いた。大雨の日だけ現れる幻の川「UNDER RIVER」のコンセプトもいいし、webページと挿入されたCM映像もめちゃくちゃかっこいい。一般の人をターゲットにした技術の説明は、専門的すぎると理解できないし、簡単すぎると面白さが伝わらないが、この作品は過不足がなく分かりやすい。

  • 普段見れない防災施設としての「地下トンネル」に焦点を当てた点が面白い。特設サイトで技術やビジュアルを広報している点、メディアPR効果も高い点を評価。